CATEGORY / 未分類

引越しの挨拶

引越しをしたら隣近所に挨拶をしますが、最近はそれを一切しないという人もいます。
しかし新しいところに引っ越していき、やはり何でお世話になるか分りません。迷惑をかけてしまうかも分りません。
そんなことも考えて一軒家だったら両隣、裏、前、斜め前2件の6件は挨拶をしておきたいところです。

マンションなどでは上下と両隣というのが基本ではないでしょうか。それ以上は今の時代しなくても特に何も言われないはずです。
ただし、地域が田舎だったりすると、やっぱりもう少し範囲を広げておいてもいいかも知れません。挨拶の品物の価格は500円~1000円前後が一番多いようです。

しかし現実には引越しの挨拶をした人は45%にも届かないほどで、半数以下となっているのです。
また独身では3人に1人しかしていないという統計も出ています。しかし、もしゆとりが少しでもあったら、挨拶は最低限度行なうことをおすすめします。

商品としては本当に気持でいいので、ちょっとしたお菓子でもハンカチ1枚でもいいのです。
気は心と言い、気持が大切だと言われています。男物のハンカチなら500円程度で購入できます。
ハンカチタオルなどでも十分です。
1枚でも2枚でも、気持を表わすだけでいいのではないでしょうか。

引越し業者選び

引越しするときには業者選びが大切になります。大手引越し業者から地域密着型の引越し業者などいろいろあります。
まず自分がどういうことを重視しているタイプかということを絞り込むことが大切です。引越し料金を安くするのが一番の目的なのか、また家具などの扱いが重要なのか、いろいろなタイプがいるはずです。

例えば引越し家具、荷物が多く、高価な家具や電気製品が多いので、とにかく傷や破損に重視したいという人もいます。
逆に家具は多くても特に傷や損傷より、とにかく引越し代を抑えたいという人もいます。価格ももちろん抑えたいが、丁寧な引越しで何かあったときの保証もしっかりしていることも重要だという人もいます。
それによっても大手を選ぶか、中小引越し業者にするかなど違ってきます。

大手の引越し業者なら幅広いエリアをカバーしているため、長距離の引越しには向いているでしょう。逆に、近場であれば地域密着型の引越し業者の方が格安の費用で依頼ができることもあります。
つまり新居までの距離によっても、大手と中小引越し業者のメリット、デメリットがあるわけです。


- PAGE 1 OF 2 -

Next Page  

loading
×